VISONARY LIFE

飛行機のパイロットになるための必須条件とは?必要な視力やレーシックでもなれるかを解説!

パイロットは、たくさんの人の命を預かっているため、滑走路を見たり、遠くを見たり、飛行物や障害物がないか探したり、細かいところも見えなければなりません。 

なので、パイロットは視力の合格基準があります。学力や英語力よりも身体検査が一番厳しいと言われています。 

各組織によって合格基準はさまざまですが、メガネやコンタクト・レーシックでも受験は問題ありません。 

よく「パイロットは目が悪いとなれない」と聞きますが、実際にその噂は正しいのでしょうか? 

他の条件はクリアしても、持病や視力など身体的な規定をクリアできずにパイロットを諦める人はかなりの数になるようです。 

この記事では、パイロットに必要な視力について解説していきます。

 

内容まとめ

  • パイロットの視力の合格基準はそれぞれの組織によって異なる
  • 1.5の人が1.2になるなど、1~2段階は下がると想定したほうがいい
  • 航空会社のANA=各眼の矯正視力が0.7以上
  • 航空自衛隊のパイロット=遠距離視力裸眼で両眼とも0.2以上で、かつ矯正視力が1.0以上、近距離視力裸眼で両眼とも1.0以上
  • 一般の視力検査よりも審査が厳しいので要注意
  • 検査に受かるには、基準の1段階は視力を上げておきたい
  • メガネやコンタクトでもOK
  • レーシックもOK

 

 

航空身体検査とは?

まず、パイロットとして空を飛ぶには、パイロット免許(技能証明書)と健康な体が必要です。空を飛ぶのに十分な健康体である事を、航空身体検査で証明できるのです。 

航空法でも航空機の運航を行うためには、航空身体検査証明が必要と決められています。 

検査内容は、遠見能力、中距離視力、近見能力、両眼視機能、視野、眼球運動、色覚の検査があります。どの距離でも見えるか、そのほか目に異常がないかを確認します。

航空身体検査は2種類に分かれています。どちらの種類を取らなければいけないかは、技能証明書の種類により変わってきます。

第1種と第2種の違いとは? 

エアラインパイロットのように大勢の人の命を預かって飛行するのと、自家用操縦士のように趣味で飛行するのとでは、求められる身体の健康レベルが違います。 

第1種を必要とする資格 

  • 定期運送用操縦士 
  • 事業用操縦士 
  • 准定期運送用操縦士

第2種を必要とする資格 

  • 自家用操縦士 
  • 1等航空士 
  • 2等航空士 
  • 航空機関士 
  • 航空通信士 

 

必要な視力はどれくらい!?

  • 航空会社のANA=各眼の矯正視力が0.7以上であること 
  • 航空自衛隊のパイロット=遠距離視力裸眼で両眼とも0.2以上で、かつ矯正視力が1.0以上、近距離視力裸眼で両眼とも1.0以上 

もちろんこれ以外にも 

  • 眼圧 
  • 眼球運動 
  • 色覚 

などもチェックされるので、遠視や近視ではないことだけが基準となるわけではありません。 

パイロットの視力の合格基準はそれぞれの組織によって異なるので、自分の目指す組織の合格基準をよく確認しておくことが大切です。 

 

しかし、航空身体検査で測定される視力は、一般の視力検査よりも少し落ちて(少し悪く)でます。2.0や1.5の人が1.5と1.2など、1~2段階落ちることがほとんどです。 

  

そのため、そもそも基準ギリギリの視力しかない場合や目に問題がある場合は身体検査にクリアできない可能性が高くなります。なので、基準よりも1段階上、視力なら1.5や2.0を目指すほうが良いでしょう。 

 

メガネやコンタクトでもOK

ひと昔前までは裸眼で視力が良い人でなければパイロットにはなれませんでした。 

「パイロットになりたいけれど目が悪いから夢を諦めざるを得ない」という人がたくさんいたのです。 

 

しかし、2001年に航空身体検査の基準緩和が行われ、矯正視力も認められるようになり、眼鏡を使用して飛行しても良くなりました。これにより、パイロットの道を目が悪いという理由で諦めていた人が大幅に減りました。 

 

レーシックもOKに 

近年では、レーシックという目の手術を受けた人が増えてきています。レーシック手術で視力を回復した人が合格基準を満たすかどうかは組織によって判断が異なるようです。 

 

航空自衛隊に関しては、2015年4月以降、パイロットのレーシック手術が許可されています。許容される手術は「レーシック」および「レーザー屈折角膜切術」です。ただし、レーシックには術後のリスクがつきものなので、手術当日から定期検査で術後の経過観察をすることが求められます。 

 

まとめ 

航空機を操縦するパイロットには視力の合格基準があります。 

たとえば、航空会社のANAの場合、パイロットになるためには「各眼の矯正視力が0.7以上であること」とされています。 

「矯正視力」とは、「裸眼の視力ではなくてメガネやコンタクトレンズを使って矯正した視力をベースに考えてよい」ということで、裸眼では視力が悪いという人も諦めずにチャレンジすることができます。 

 

千里堂琴似店では、お客様一人ひとりの状況をお聞きし、最善のメガネをご提案します。一度、千里堂琴似店へご相談ください。 

 

<関連記事>

手元が見えなくて困っているオペレーターさん必見!近くの見え方にこだわったメガネ、あります! 

手元が見えなくて困っている歯科医師の方必見!近くの見え方にこだわっ たメガネ、あります。 

 

RANKING