VISONARY LIFE

子どもの近視って回復が見込めるの?予防や治療方法についても解説します

これから色んな景色を見て育つから、目を悪くさせたくない

お子様の視力について、将来を心配する方は多いのではないでしょうか。

今、先進国で増えている子どもに対する悩みの一つが「視力」

つまり、子どもの近視化についてです。

 

スマホやパソコンの普及により近くのものを見る機会が多くなり、

子どもが近視と診断される割合は増え、進行も早まりつつあると言われています。

 

子どもの近視を重症化させないためには、生活環境の見直しが不可欠です。

 

この記事では子どもが近視と診断された親御さん達に向け

回復と進行予防に向けた対策や治療例についてご紹介します。

 

子どもはこれからたくさんの出来事と出会い、その度に色んなものを目にするでしょう。

是非とも綺麗な景色を見て育ってほしいですよね。

この記事が一助となれば幸いです。

 

子供の近視って回復が見込めるの?

子どもの視力が下がってしまったら、親として回復する方法を探してあげたいですよね。

しかし現代医療だと、完全な視力回復や改善を見込むことは難しいと言われています。

 

通常の近視の他に、近くのものを長い時間見ていた結果、筋肉の緊張状態が続き一時的に視界がぼやけてしまう症状である「仮性近視」という症状があります。

この場合、点眼薬治療にて視力が改善した例もある反面、改善出来ずにそのまま近視になる例もあります。

 

つまりは、近視は回復させることは難しいということです。

子どもの近視は診断後、いかに進行を抑制できるかが鍵となります。

親御さんとして子どもの生活環境に目を配り、目に負担をかけない環境を作ってあげましょう。

 

子どもの近視の進行を予防するには

子どもが近視と診断された場合、日常生活で近くのものを見る時間が長いことが原因にあるかもしれません。

遺伝要因が強い疾病とも言われますが、進行抑制のためには目に負担をかけている環境要因に対策をするうつことが不可欠です。

 

お子様の目に負担をかけない対策として効果的な方法を紹介します。

  • 2時間の外遊びで遠くを見る時間を作る
  • 姿勢を正し見ているものと適切な距離を保つ
  • 1時間机に向かったら、10分程度の休憩で目を休める
  • 暗いところで読書やゲームをしない
  • スマホ、パソコンの使いすぎに注意、使用時は出来るだけ距離を保つ
  • 文字を読むときの照明は昼光色に設定。

子どもの近視は6歳から15歳の学校に通う時期に多く診断され、この期間にそのまま進行する現象も多いことから「学校近視」と言う言葉も生まれました。

 

勉学に励む時期には近くのものを見ることは避けられません。

さらに家に帰るとデジタル機器に囲まれている現代、対策の必要性は増す一方です。

お子様の将来のために、目に良い環境作りに努めましょう。

 

子どもの近視の治療法

「治ってほしいのはもちろん!」でも治療による負担はかけたくない。

可愛い子どもを思うとこんな気持ちになることもありますよね。

 

まず大前提として、治療を選択する前に眼科にて検査を行うことをおすすめします。

子どもの近視は外見からではわかりにくく、見過ごされてしまうこともあるそうです。

また、遺伝要因が強い疾病のため親御さんが経験している例も多く、その経験上で治療選択をしてしまうことも考えられますが、進行度によって適切な治療は変わります。

まずは検査にて、近視と仮性近視を適切に判断し、子供の進行具合に適した治療を行いましょう。

 

子どもの近視には以下のような治療方法があります。あくまでも参考としてご参照ください。

 

点眼薬治療

筋肉の緊張を緩和する調節麻痺点眼治療や、水晶体の厚みを改善する調節昨日改善点眼治療など。

 

WOC(D7000)

前後に動く3D映像を見せ、目の異常調節を緩和させる雲霧法と言われる治療方法。

 

手術的矯正法

角膜周辺部分を切開する「放射状角膜切開術」や角膜中心部を削る「レーシック」など。

※手術的矯正法は強い近視では効果が弱く、後遺症が残る場合もあり。

主治医から十分な説明をきき納得した上で慎重な選択が必要です。

 

子どもの近視と矯正器具:メガネとコンタクトのタイミング

近視とは、近くは見える状態にあるため、日常生活に問題がなければ矯正器具は必要ありません。

しかし学校に通う年齢の場合だと、黒板の字が見えづらいと勉強にさしつかえてしまいます。

メガネを検討する基準として、「視力が0.7以下になった」というのを1つの判断基準として捉えましょう。

 

メガネをかけ始めると、子どもには少なからず負担はかかるものです。

近視が軽ければ遠くを見るときだけメガネをかければ事足ります。

子どもの症状によって目に負担がかからないよう、必要なときだけ使用する生活を心がけてあげると良いかもしれません。

 

またコンタクトレンズによる近視矯正も可能です。

しかし着脱には慣れが必要であり、角膜へのダメージなどの観点から早くても中学生からの着用が一般的と言えます。小学生のうちはメガネを用意してあげるのが無難です。

 

子供のメガネやコンタクトレンズを作る場合は、必ず眼科専門医を受診しましょう。

 

まとめ

子供の近視は小学生頃に発症し、中学生、高校生と進学に連れて症状が悪化する傾向があるようです。

現代では仕事でパソコンを使用する業務も増えているため、社会人になった後も進行していく長い付き合いを要する疾病になるでしょう。

 

疾病と向き合っていくのはお子様自身です。

お子様には治療の理由や必要性などについても、しっかり教えてあげるといいかもしれません。

千里堂メガネ琴似店で詳しく検査を

千里堂琴似店では、北海道でも数台しか導入していない検査機を使って、目がどのような見え方をしているのかを詳しく調べます。

実際に、上記のような症状の方も多く検査させて頂き、その方の「目の見え方」に最適なメガネをご提供させて頂いております。

 

もし、お子様をお持ちの方で、「視力が低下してきたかも」と不安をもたれている親御様がいらっしゃいましたら、ぜひ、千里堂琴似店で詳しく「見え方」の検査をされることをお勧めします。

 

千里堂メガネ琴似店は予約優先制で、ほぼプライベートの状態で時間をかけてお一人お一人の「目の見え方」をお調べいたします。

気になることはすべてお聞かせください!

ご予約はこちらから