VISONARY LIFE

999.9 『S-161T』

本日はフレーム紹介 999.9 『S-161T』 です!

こんにちは!千里堂メガネ琴似店です。
フレーム紹介をご覧頂きありがとうございます!
フレームの外観などは当店Instagramにも掲載しております。
合わせてご覧ください!

999.9 『S-161T』

999.9 『S-161T』

999.9が考える機能とデザインの両立。
『眼鏡は道具である』
『機能とは“眼鏡を掛ける全ての人の求めに応える”事』
『眼鏡の機能追求によって必然的に生み出される造形美』

眼鏡を『掛ける』ではなく『着ける』と表現し、
『包み込むをデザイン化』し『眼鏡を着ける心地よさ』を
細部にまで考え抜かれています。
その999.9が生み出した1つの表現型が、
999.9の代名詞とも言える『逆Rヒンジ』です。

999.9 『S-161T』

機能追及から得た新たなる回答(造形美)
『レイヤードブリッジ構造』

しかし、999.9がこの『S-161T』に組み込んだのは
その『逆Rヒンジ』をではありません。
999.9が生み出した技術と考え方を分解・再構築して
新たに生み出された999.9独自機構
『レイヤードブリッジ構造』です。

999.9 『S-161T』

999.9 『S-161T』

眼鏡の掛け外しで必ず起きるフレーム全体の広がり。
誰もが経験した事のある『弦の締め付け感』。

999.9は、この眼鏡に掛かるプレッシャーを計算。
この広がりが起きる部分を眼鏡の中心(ブリッジ)に集約する事で、
今までより大きな可動域の確保と掛け外し、
装用中のプレッシャーを最小化する事を実現しました。

また、『レンズを支えるパーツ』『顔を支えるパーツ』を
独立させ、粘りのあるチタン合金を使い層連結。
本来フレームのしなりが干渉してしまい、レンズ自体を
歪めてしまうという問題を別パーツで構成する事で最小化。
『見られ方』だけでなく『道具としての眼鏡』に本来あるべき
『見え方への追及』がなされています。

掛け心地だけでなく見え心地にもこだわりを見せた、
新たな『999.9Styleの象徴』とも言えるシリーズです。

機能美が創り出した新古像

更にデザイン面では、
古くから親しまれている『スクエアタイプサーモントスタイル』をチョイス。
ともすればボリュームと男性的な面を見せてしまうスタイルですが、
『レイヤードブリッジ構造』が多くの部分でデザインに違いをもたらしました。

掛け心地を左右しやすいクッション部が中心に移動する事で、
サイドはよりシャープで軽やかなスタイルに仕上げ。
そして更にレンズ・顔を別々のパーツで保持する事は、
全ての負荷をフレーム全体で耐える必要性を無くしました。
結果、999.9の使用する強靭で粘りのあるチタン合金の恩恵を受け、
フレーム全体が繊細なラインによる、サーモントスタイルの再構築を実現。

男性でも女性でも、是非手に取ってお試し頂きたいモデルです。

999.9 『S-161T』 価格とカラー

ここまでご紹介した999.9 『S-161T』ですが、
最後に気になる価格・カラー展開をご紹介致します。

価格:47300円(税込)
カラー展開
2、シルバー(ダークブルー)
7、ダークブルー(ダークブルーマット)
8、ダークブラウン(ダークブラウンマット)
10、ブラックマット
12、ガンメタリック(ブラック)※画像のカラー

 

他メガネフレーム紹介はこちらから

RANKING